身だしなみに厳しいのには理由がある

身だしなみに厳しいのには理由がある

身だしなみが厳しい理由

看護師には厳しい身だしなみ基準があり、師長や上司から常に身だしなみのチェックを受けます。新人看護師の中にはこの厳しいチェックが理由で辞めてしまう人も少なくありません。
看護師の身だしなみ基準が厳しい理由はさまざまですが、中でも一番重要なのは「看護師は患者さんと一番身近に接する立場にいる」ということです。病院に来るのは病気やケガなど、何らかの原因で体調に不調をきたした人です。そのため、健康的な人よりも免疫力が低下しており些細なことで体調が悪化したり違う病気に感染したりします。それを防ぐためにも、一番身近にいる看護師は常に清潔でいることが求められ、厳しい身だしなみ基準が設置されているのです。
身だしなみの基準は病院ごとに異なりますが、髪をまとめたり爪を短く切ったりと治療に影響を及ぼさず「常識の範囲内」であればそれほどうるさくいわれることはありません。しかし、この「常識の範囲内」というのは案外曖昧なもので、年代によって意識が大きく異なるため、新人看護師には厳しいと感じてしまうことも多いんです。
たとえば髪の色ひとつをとってみても、金髪など見るからに派手なものであればすぐに常識の範囲外と分かりますが、ちょっと明るい程度なら迷ってしまいますよね。20代からすればちょっと明るい程度は常識の範囲内に入るため、厳しくいわれる理由が思い当たらないかもしれません。しかし50代の師長が黒色が当たり前、という常識を持っていたらちょっと明るい程度でも常識の範囲外になってしまう可能性があります。そのため新人看護師にも厳しく注意することになるのですが、この常識の差が埋められず、厳しく言われることに耐えかねて辞めるという決断になってしまうのかもしれません。

周りに与える印象も考慮する

病院には新生児の赤ちゃんから高齢者までさまざまな年代の人が訪れます。その幅広い年代の人たちと良好な関係を築くためにも身だしなみが重要です。

患者さんは、小さいお子さんからご高齢の方まで幅広い年代の方々。そんな方々と接する職種ですので、どの世代の方にも好印象を持ってもらうために、特に身だしなみには気をつけないといけません。

(引用:ナースときどき女子)

ナースときどき女子

ナースときどき女子を見る

ナースときどき女子は仕事や美容、恋愛やプライベートなことなど看護師に役立つ情報を配信しているサイトです。
清潔感があるのはもちろんですが、どの年代の人からも好印象を持ってもらうためには金髪や派手な化粧では難しいでしょう。20代ならば金髪や派手な化粧でもさほど気にせずにいられるかもしれませんが、高齢の患者さんからしてみれば金髪の看護師さんに話しかけるのはなかなか勇気がいりますよね。ただでさえ、不調を抱えて病院を訪れているのに一番身近な存在の看護師さんがそのような身だしなみだときちんと会話することすらできないかもしれません。患者さんが話しかけやすい、落ち着いた色合いの自然な髪色や化粧の方がいいでしょう。

看護師さん向けメイクのポイント教えます♪

患者さんと一番近いところで働いている看護師には身だしなみにも厳しい基準があります。当サイトではあらゆる年代の人から好印象を受ける化粧の方法を紹介しています。化粧のポイントをパーツごとに詳しく紹介しているので、好印象を与える化粧の基準が分からない人や自分の化粧に自信がない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめメイク術!